羽生田たかしWEB通信 10号

2019年7月2日

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
羽生田たかしWEB通信10号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【運転免許自主返納について】
 昨今、高齢者ドライバーによる痛ましい交通事故が多発しております。高齢者の運転免許自主返納は必要なことであり、推進して欲しいと思います。特に認知症を発症された方には運転は止めて頂かなければ、本人だけでなく、周りの方々に迷惑をかけてしまうことになります。しかし、日本各地には車がなければ用事を足せない多くの地域があることを考慮しなければなりません。車を使用しなくても生活に支障をきたさない為には、それに代わる交通手段を充当する必要があります。
 返上の特典として現在行われているサービスは民間企業の努力によって行われているものです。行政や国が責任をもって公共交通機関など、免許を返納した方へは適切な移動手段を確保しなければ、返納するだけで不便になってしまい、ますます返納を先延ばしにする事態となりかねません。自動車がなければ、普段の生活すら不便を強いられる地域も多く有り、せめて公共交通手段の確保とサービスについて民間任せにせず、またそれぞれの自治体任せにせず、国の責任の下、それらの提供体制をしっかりと構築すべきです。
 昨年には厚生労働省、総務省、経済産業省、国土交通省、警察庁の担当者に対し、全国的に国の責任で交通の代替手段を検討するようにと、強く要望を致しましたが、残念ながら未だに何ら改善の兆しも見られません。早急な改善策の実現をこれまで以上に求めて参りたいと考えております。

参議院財政金融委員会 理事
自民党厚生労働部会 部会長代理
医師の働き方プロジェクトチーム 座長
参議院議員
羽生田 たかし

********************

◆◇================◇◆
 すべての人にやさしい医療・介護を
◆◇================◇◆