羽生田たかしWEB通信 20号

2019年12月12日

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
羽生田たかしWEB通信20号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【国民医療を守るための総決起大会】

平素は私の政治活動に格別のご理解を賜り誠に有難うございます。
さて、先日12月6日、東京永田町の憲政記念館において、「国民医療を守るための総決起大会」が開催されました。
当日は、国会の会期末が迫る政局の緊迫した一日でしたが、100名を超える与野党の国会議員と、1,000名を超える参加者で会場は熱気に溢れ、診療報酬改定率をはじめ、持続可能な社会保障制度の確立に向けた決議が採択されました。
私も、日本が誇る国民皆保険と地域医療を守るため、これからも全力で取り組んで参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

参議院議員
羽生田たかし

【決議】

人生100年時代を迎える中、幸福な国民生活を将来にわたりおくるためには、必要な医療・介護を安心して受けられるようにしていかなければならない。
よって持続可能な社会保障制度の確立に向けて、適切な財源を確保するよう、本大会参加者全員の総意として、強く要望する。
以上、決議する。

令和元年12月6日

国民医療を守るための総決起大会

********************

◆◇================◇◆
すべての人にやさしい医療・介護を
◆◇================◇◆