羽生田たかしWEB通信 11号

2019年7月22日

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
    羽生田たかしWEB通信11号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

このたびは皆さまのご支援のお蔭で、2期目の当選を果たすことができまた。心より感謝申し上げます。

日医会館での選挙報告会には、日本医師会横倉会長を始め、役員の先生方、自見はな子先生や日本眼科医連盟の高野会長、日本柔道整復師会の工藤会長のほか多くの支援者に方に駆けつけていただきました。
須藤群馬県医師会長の待つ、群馬の選挙事務所には群馬選対を支えてくださった、県議や市町村議員、市町村長や女性部の皆さんのほか、大勢の方々にお越しいただきました。

参議院議員も2期目となると国会におけるステージが変化します。より責任が重大となり、政策の方向性を決断する場面が多くなります。

今回、私は152,807の得票で当選しました。言い換えれば、152,807人が私に想いを託してくれたわけです。
前回の私の票数から随分減らしてしまい、反省すべき点は多々あります。
しかし投票によって託されたその想いを、何にも増して私は一番大切にしなければなりません。

選挙報告会で頂いたお祝いのお言葉からも、私の2期目の国会活動に対する期待をひしひしと感じました。これからの6年は、まずは私を応援してくださった方々の想いをしっかりと国政に届ける仕事に全力を傾注してまいります。

これからもご指導、ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

参議院議員 
羽生田 たかし

********************

◆◇================◇◆
  すべての人にやさしい医療・介護を
◆◇================◇◆