羽生田たかしWEB通信 21号

2020年3月9日

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
羽生田たかしWEB通信21号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【新型コロナウイルス感染症に係わるPCR検査の保険適用について】

新型コロナウイルス感染症に係わるPCR検査(核酸検出)が保険適用になりました。
従来は保健所の了解による検査(行政検査)だけであったものが、保険適用によって都道府県等が認めた医療機関いわゆる帰国者・接触者外来で医師の判断によりPCR検査が出来るようになります。
しかしインフルエンザのように一般の病院や診療所で検査できるものではありません。
これは当面の対応であり、治療薬や検査体制の整備、新型コロナウイルスの解明やワクチン・治療薬等が進展すれば当然変更されてゆくと思われますが、当面は一般の病院や診療所ではPCR検査が出来ないという事をご理解下さい。
当初日本においてコロナウイルス感染症に係わるPCR検査の1日の限界は4000件程度でしたが、3月末には7000件程度まで検査体制が整備され検査可能件数が増加する方向です。
いずれにせよPCR検査が保険適用されても「帰国者・接触者相談センター」への電話相談を主とし、かかりつけ医療機関への電話相談により「帰国者・接触者外来」や同等の機能を有する都道府県許可の医療機関を受診し、医師の判断で検査が必要となった方へのPCR検査を実施できるというものであります。
くれぐれも一般医療機関へPCR検査希望者が殺到するような事がないよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。
危機管理の基本は、原因や対応がはっきりしないときこそ、最悪の事態を想定し対応しつつ、誤った情報で不安やパニックを起こさず冷静に対応できるよう、正しい情報収集や共有に努め、備えとして普段からきちんと準備が出来ていることが必要です。
尚、私としては3月12日の参議院厚生労働委員会にて質問の機会をいただける予定であります。主に新型コロナウイルス関連の質問を準備しております。
国民の不安を一日も早く払拭し安心出来る医療提供体制を整備するよう努力して参ります。

 

参議院議員 羽生田俊

********************

◆◇================◇◆
すべての人にやさしい医療・介護を
◆◇================◇◆